働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4 (GA文庫)

《あらすじ》
『私にとって……彼は一番大切な人ですよ』
真昼が落とした爆弾発言に騒然とする教室で、彼女の想いを計りかねる周は、真昼の隣に立つに相応しい人間になることを決意する。
容姿端麗、頭脳明晰、非の打ち所のない真昼。信頼を寄せてくれる彼女に追いつくべく、身体を鍛え、勉学に励む周。
そんな周の思惑を知ってか知らずか、真昼の方も関係性を変えようと、一歩踏み出すことを考えるようになっていた――
Webにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第四弾。

“好き”という言葉を胸に秘めたままの関係を続けていた二人が、真昼の『私にとって、彼は一番大切な人ですよ』をクラスメイトたちの前で打ち明けたことをきっかけに一歩踏み込んだ関係へと変わっていく。
真昼と周が“恋人”関係におさまらず、大切な人としての距離感を保ち異性に対しての最後の一線だけは決して踏み越えなかった二人が、学校でおおやけにしたときのリスクやリアクションを受け入れてでも胸を張って関係を誇示する。これまでのシリーズ作品中で積み上げてきた二人の思い出深いエピソードやドラマが真昼と周の間の絶大な信頼関係を築き上げ、二人の関係を知る人が見れば甘くて少しじれったく感じてしまう。もうGA文庫作品中、全ラノベ中で最も甘々な青春物語だと豪語しても過言ではないと思います。
高校生にとっての1年は春夏秋冬を通じて季節の風物詩や学校を通しての年間行事がイベントとして訪れ、二人にとって人生ではじめての大切な人との時間を日々満喫する光景が飽きることなくやってきて楽しませてくれて何度読んでも集中力が途切れることなく楽しめる作品です。

シリーズ4巻では真昼と周のお互いの関係がクラスメイトの前で打ち明け、二人の学校生活がどのようなものに変化していくのが気になるところです。

bookwalker.jp