働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね(3)

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね(3) (電撃文庫)

《あらすじ》
校内一の美少女・有坂ヨルカと恋人になってから早三ヶ月。ヨルカのあふれる好き好きオーラを感じて毎日が幸せだ。俺もヨルカを想う気持ちが日増しに加速する一方、ひとつだけ悩みがあった。
「キスって、どうやってするんだぁー!」
そんな恋愛初心者な俺にも、今世紀最大のチャンスが到来!!
「よかったら、うちに寄っていかない? その、今日は誰もいないから」
なんとデートの帰り道、家族が留守にしているという有坂家にお邪魔することになったのだ。
そこで待ち構えていたのは愛しの彼女からのキス……ではなく、何故か寝起きの下着姿で俺に飛びついてくる謎の美女で……!? 恋人になってから始まるラブコメ戦線に絶対ありえない修羅場!

有坂ヨルカの姉にして希墨の中学時代の塾講師である有坂アリアの襲来。
神崎紫鶴先生のお見合いに伴い教職を辞める可能性の発生。
そして、有坂ヨルカの幼少期から現在の彼女を形作るに至ったエピソードの数々。
希墨とヨルカの関係をクラスメイトを前に堂々と交際宣言をしたことで、学校生活のなかでも充実した日々を彼女とともにイチャイチャラブコメ空間を満喫する甘々な日常に癒される展開がこれまでは多かったです。そんな二人を囲む瀬名会の面々の中にはかつて希墨へ告白をしたがフラれてしまった女の子も所属しているがこれまでどおりの友人的な距離感で接しているなか、アリアの存在が複雑に絡み合った希墨を中心とした交友関係に波乱を巻き起こしかつてないほどの騒動を描いた物語となっていて目が離せない展開の連続でとても面白かったです。

どんなラブコメ作品にも言えることですが『誰かを選ぶということは誰かを選ばないこと』ですので、希墨が恋人としてヨルカを選んだことは他の女の子たちの想いを断らなければならない。それでも瀬名会の中で築き上げていた関係性に一石を投じたことで、表面化していなかった感情を引き出していてラブコメ修羅場を巻き起こす。希墨×ヨルカの間に確固たる信頼関係が日に日に深まる一方で、女の子たちによる水面下での駆け引きが繰り広げられ、両想いだけど順風満帆にいかない恋模様が魅力的な作品でした。

bookwalker.jp