働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

八城くんのおひとり様講座

八城くんのおひとり様講座 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
「私に、一人の過ごし方を教えてほしいの!」
ぼっちを極めた俺・八城重明にそう頼んできたのは、リア充グループの人気者・花見沢華音だった。周りの友人に合わせてリア充でいることに疲れたという華音に、俺は一人で楽しく過ごすための“ぼっち術”を教えることになるのだが――その結果、華音に師匠と呼ばれて妙に懐かれてしまい!?
さらに華音との交流がきっかけでリア充たちの抱える問題に首を突っ込まざるを得なくなり――!?
ぼっちの達人とリア充たちが繰り広げる青春ラブコメの最先端、ここに開幕!


大勢の人間と楽しく過ごすことを是とするスクールカースト上位のリア充の生態。
いつも一人でさみしそうに過ごすボッチの生態。
しかし実態は、リア充グループにいて他人の顔色をうかがいながら過ごし、他人に話を合わせるために興味もないドラマを見続け、オシャレに気を配ることに疲れている状況。
ボッチに属する主人公の八城は一人で過ごすことを苦にも感じる、一人の時間を楽しく過ごす術を持つ人間。
そんな『いわゆるリア充』と『いわゆるボッチ』が歩み寄り、八城によりボッチの過ごし方をリア充たちにレクチャーしていくなかでこれまで体験したことのない日常に足を踏み入れ刺激を受けている姿と楽しそうにしている光景が『THE・青春』といった感じがしてとても新鮮な面白さがある作品でした。
どうしても『ボッチ』と『リア充』はある種の水と油みたいな反発しあう構図が青春ものの王道だと思っていたけれど、これまでにない視点で描かれるストーリーが展開されていて楽しめました。

八城とリア充たちのおひとり様講座が物語の前半に展開されていく一方で、後半にかけては八城と彼女のラブコメと青春9:1の比率で送る青春ラブコメに激変。
八城によるボッチの過ごし方のレクチャーが休日に行われている裏で、彼氏との時間を奪われた彼女の葛藤や嫉妬といった感情の機微が余すことなく描かれていて、「えっ、八城視点の裏側でこんなことが起きてたの?」という驚きがありました。時間軸としては前半と後半は同じなので、言い方を変えれば『一度で二度楽しめる』作品でした。
オーバーラップ文庫の青春ラブコメ路線の作品はどれも存在感があって記憶に残るものが多かったけれど、この作品も例にもれずとても素晴らしいクオリティでした。


bookwalker.jp
著作 「現実主義勇者の王国再建記」シリーズ(オーバーラップ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER