働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5 (GA文庫)

《あらすじ》
長い両片想いを経て、新たな関係性に一歩踏み出した周と真昼。お互いに未経験のことばかりに戸惑いながら、少しずつ距離を縮めていく。
学校でも二人のことで話題は持ち切りで、辟易する周だったが、顔を上げるようになった周の姿に周囲の見方も徐々に変わっていく。一方、その様子を見た真昼は、気が気でない様子で――
そして迎えた夏休み。二人きりででかけたプール。一緒に帰省することになった周の実家。これは積み重ねていく、二人の思い出の軌跡――
可愛らしい隣人との、甘く焦れったい恋の物語。

体育祭の借り物競争を大きな転機に周と真昼の恋人関係は公のものとなり、その後のクラスメイトからの質問攻めでも打ち明け、二人の関係性はまた一歩進展を見せた。
「あの天使様に彼氏ができた!!」
学校中を震撼させたビッグニュースが駆け巡った翌日からの日々を描いたのがシリーズ第5巻の内容となっていましたけれど、これまで“両片想い”が長く続いた二人がついに“恋人”という形の関係に落ち着いて気が付く事実。
「恋人同士ってどういうことをする関係なんですかね?」
手を繋いだり、一緒に学校から帰ったり、休日に出かけたり、イチャイチャしたり……etc。あれ、振り返ってみると全部やってるじゃん!!
恋人同士になっても家のなかでやることは特に変わらず。しいて言えば、学校のなかで周と真昼が好きを隠すことなくイチャつくことができる。その一点に限ると思います。
要するに、家のなかで二人が普段から交わすような甘々なやり取りを教室のなかでも披露するわけです。その結果、クラスの男子からは嫉妬の視線で針の筵にされる事態に……。
全幅の信頼を寄せている恋人同士が一言二言交わすたびに二人だけの世界を構築して、そのたびにクラスメイトのいる前で甘々なやり取りを見せつけられたら地獄です。

といった具合に“学校”を軸にした周と真昼の日常は描かれていて、これまでに感じていた二人の学校生活にあった焦れったさが一気に解放されて胸焼けが引き起こされるくらいに甘ったるいやり取りがメインの物語になっていました。1~4巻にわたって押さえつけていたものが爆発して学校のなかでイチャついて、本当に幸せそうな仲睦まじいカップルで末永く爆発してほしいです。

bookwalker.jp
「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」シリーズ(GA文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER