読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。 (GA文庫)

《あらすじ》
胸を愛し、下着作りに青春を捧げる高校生、創真彰人はある日、服部振袖から永久就職を勧められる。そんな時、彰人は服部姉妹の三女、七緒と出会う。しかも勢いで胸を鷲掴みしてしまって…!?最悪な出会いの二人。しかし七緒は彰人にまさかの取引を持ちかけた。「織姉の胸を触れるようにしてあげる。だから、私にも協力して」そして始まる取引関係。やがて彰人は姉妹の異常に巻き込まれて―。三姉妹に翻弄されるGA文庫大賞“奨励賞”受賞の青春煩悩系ラブコメ!


邪念のない崇高なるブラジャー作りへの情熱が主人公に『見ただけで胸のサイズが測定できる』無駄な能力を会得させるまでにいたる。彼のブラジャーに関する知識の片鱗ともいえるブラジャーのなんたるかを語るシーンでは、これまで知る由もなかったブラジャーの細かな構造と役割について熱く語られて、ブラジャーなだけに胸を打たれました!! この至極どうでもいいくっだらない内容を突き詰めていったライトノベルは色んな意味で振り切っているのでかなり楽しめました。
主人公のこれまでの数々の行いを俯瞰してみると『逮捕スレスレのセクハラ行為』『校内で知らない人がいないほどの変態』など、数々の異名をもっていながらも、警察のご厄介にならないあたりがせめてもの救い。
ストーリー開幕から老舗呉服店に永久就職を勧められてからも、縁談相手が決まっていながら『(ブラジャーを作るために)旨を触らせてください!』と、他の女性に語りかけるシーンでクズっぷりを見せながらも『よこしまな想いの欠片もないブラジャーへの熱意』がこれまでのクズの所業を正論づけられるところが恐ろしい。
願わくばブラジャーの持つさらなる神秘について熱く語ってもっと楽しませてもらいたいです。