働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。

『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
『おっぱい揉みたー~い!!!!』人畜無害な高校生、傘井夏彦の気の迷い&ドン引きな叫びを聞いてしまったのは妹の友達、神崎未仔。人生終了と思いきや、「お、おっぱい揉ませたら、私と付き合ってくれますか…?」おめでとう!なぜか夏彦に初めての彼女ができました!実は幼い頃から夏彦が大好きだった未仔。叶った恋を大切に、夏彦の理想の彼女になるため、おもいっきり尽くしまくる。健気な未仔との甘々イチャイチャな毎日は糖分MAXで―。「私も緊張してるよ?でもね、それ以上にすっごく幸せなの」全てのおっぱいフレンズに捧ぐ理想のバカップルラブコメ!!

f:id:murabito1104:20201229234514p:plain

妹の友達の女の子からの突然の告白。
『おっぱいを揉みたい!!』
そんなエッチなお願いも包み込んで受け入れてくれる全肯定ヒロインによる甘々なイチャイチャラブコメディでした。

ごく普通で平凡な学生生活を送っていた男子高校生で年相応にエッチなことに興味を持っているメンタル面に、人生で始めてできた彼女はすれ違えば誰もが振り向くような美少女で、一夜にして青春街道を突き進むための第一歩を踏み出して興奮が冷めやらない姿がストレートに表現されていて、バカップルぶりが際立っている作品。
告白をした未仔のほうも生まれて始めてできた彼氏を前に言葉を交わすたびにドキドキが止まらない初々しさや健気に彼氏の夏彦に向けて手作り弁当を学校の昼食に振る舞ったり献身的に世話をする姿が、未仔の純粋で素直に育った人間性がしっかりと伝わってきてよりいっそうバカップルのイチャイチャぶりに磨きがかかっていました。

これだけ相思相愛な二人の交際でしたけれど、そんな二人の関係に待ったをかけたのが未仔の父親。
高校生の恋愛なぞ二人の間で勝手に決めてもいいじゃんと思うけれども、大事な1人娘をどこの馬の骨ともわからない男にとられるくらいならぶち〇してやる!! くらいの熱血ぶりと強い殺意が最後の障壁として立ちはだかることになってました。
親の存在は恋に恋して浮足立っている二人の頭のなかを真正面から現実に引き戻してくれる役割を担ってくれていて、見せつけるレベルのバカップルな二人のラブコメをあえてワンランク落として真っ当な交際を続けるうえでの視点を突き付けられるので、バカップルラブコメとしての甘々な雰囲気も楽しめつつ、順風満帆だった二人の交際の結末をドラマチックに描かれている作品としても楽しめる内容になっていました。

とってもイチャイチャで甘々なバカップルラブコメで最後は彼女の両親が立ちはだかる正統派な青春模様も楽しめる12月作品のなかで推していきたい作品です。

bookwalker.jp