働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

義妹生活2

義妹生活2【電子特典付き】 (MF文庫J)

《あらすじ》
高校生の浅村悠太は親の再婚を機に、学年で一番の美少女・綾瀬沙季と一つ屋根の下で兄妹として暮らすことになった。
同年代の異性との生活に慣れないながらも、どこか似たもの同士だった二人の距離感はお互いに程良く保たれていた。
だが、定期テストをきっかけに沙季の様子に異変が生じる。
苦手教科に悩む沙季を心配し、その支えになろうと考えた悠太は、彼女の勉強環境を整えたり、集中できる音楽を探したり、さまざまな工夫を凝らしていく。
しかしそれと時を同じくして、悠太はバイト先の先輩である美人女子大生・読売栞からデートに誘われる。
その事実を耳にしたとき、沙季の心に浮かび上がった“ある感情”とは……?

親の再婚をきっかけに義理の兄妹となった悠太と沙季がひとつ屋根の下で暮らす関係になり、共に過ごすうちにお互いの距離感も程よく保たれていた。
高校生らしく書店でアルバイトを続ける悠太、一方で定期テストで赤点をとってしまい勉強に勤しむ沙希。
同じ家に住んでいる二人にもプライベートがあり、それぞれが自分だけの時間を過ごすなかで少しずつお互いの気持ちに変化が生じてくる。
ほんの些細なことがきっかけで自覚し始めた自分のなかの感情に整理がつかず戸惑う沙希、『義理の兄妹』である事実を前に芽生えた感情に気が付かないふりをして抑え込もうとする悠太。
そんな二人のなかに芽生えた不確かな感情を容赦なくざわつかせてくれるのが悠太のアルバイト先の美人女子大生・読売栞の存在でした。
“美人”であり沙希には見せない悠太の素顔を知っている女性で、沙希の知らないところで悠太と仲良くしている女性という存在が悠太と沙希の“義理の兄妹”という関係に深味が出てきて、純粋にこの二人の青春ドラマを見続けていきたくなってきました。
不器用だけど家族として寄り添いあっている二人なだけに、お互いのなかに芽生えた感情を前に手探りで日常生活を送っている姿が甘酸っぱくて癒されました。

bookwalker.jp