働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

闇堕ちヒロインを幸せにする計画 ~魔本使いの少年と予言《首切り姫の絶望》否定~

闇堕ちヒロインを幸せにする計画 ~魔本使いの少年と予言《首切り姫の絶望》否定~ (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
皇女シャルナ。気高く、民からも慕われ、最強の魔法使いでもある彼女こそ、少年リオが仕える主にして憧れの存在だった。
「彼女は、何人もの命を奪う<首切り姫>として闇堕ちします」
だが未来を告げる魔本と出合った時、リオの運命は一変する。
魔法を使えない彼だけが読むことができたその本には、シャルナが世界に災厄を齎す最悪の未来が記されていた。
その心の闇に触れ、打破できるのは魔本を持つ自身のみ。
リオは彼女を救うべく魔本の力を引き出すことで、シャルナと距離を縮め……その誰も知らない素顔を目の当たりにする。
少年が少女の悲劇を覆す! ヒロイックファンタジー、開幕。

魔法使いが深い絶望に見舞われることで陥る“闇堕ち”
世界を破滅へと導く魔法使いの“闇堕ち”の未来を回避するため、唯一、未来を告げる魔本に記された運命を知ることのできる近衛兵の少年リオが世界を救うために奮闘する物語。

“闇堕ち”に至るまでの間に、シャルナがどんな人生を歩み、どんなことが目の前で起きたら絶望に陥るのか。これから先に待ち受ける未来を防ぐためにはシャルナの素顔や心のうちを知ることでしか計れない。魔法を使えない平凡で非力な少年が一騎当千の力を持つ少女の窮地に立ち向かい、心を通わせていくうちにシャルナの絶望の正体に近づく。
世界の破滅という壮大なテーマに対して立ち向かうにはあまりにも非力な少年との対比がより物語の世界観から漂わせる絶望感を際立たせて独特な作品になっていました。

「俺があんたを幸せにしてやる!!」
世界の命運を握ることになるリオの重みのあるセリフも最高に決まっていてカッコよかったです。ただ、そのセリフを闇堕ちから救おうとするヒロイン全員に宣言していくと修羅場の原因になりそうで新たな世界滅亡の火種を生み出さないか少し心配です。

bookwalker.jp

上川 景(ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER