働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

育ちざかりの教え子がやけにエモい 4

育ちざかりの教え子がやけにエモい 4 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
とうとう見つけたよ/何を?
「いいですねェ恋。恋はいい。恋ほど女を美しく見せるものはない」
実家への挨拶を兼ねた伊豆旅行。ところが仙波監督の思惑で、ひなたたち中学生組も参加、その場でドキュメンタリー撮影が始まってしまう。
一方、ひなたと明日香の“女の戦い”は加速するばかり。間にはさまれた達也は、ひとり頭を抱えるのだが……? 
フィルムに映る少女の恋は、果たして虚構か真実か。
何がとびだすかわからないビックリ箱――椿屋ひなたが、ついに世界に解き放たれる。
エモ×尊みラブコメ、“羽化”を迎える第4弾!

教師である小野寺達也と中学生の椿屋ひなたはお隣さんで幼なじみ。
家族同然の関係で長年付き合いのある二人だが、ひなたは達也に本気の恋心を抱きながら日々を過ごす。
同年代に比べて大人びた恋愛感をもつひなたとの関係が、ドキュメンタリー映画の撮影と達也の同僚の藤本明日香の実家への挨拶を兼ねた旅行によって最大の転機を迎える。
磨けば光るひなたの演技の才能、ごく普通の少女として抱く淡い恋心。
達也に向けてひなたの本気の想いが伝えられるなか、ひなたが将来たどるかもしれない輝かしい未来を天秤にかけ、恋の行方がどのようなものになるのか。
自由奔放でつかみどころのないひなたの思惑と行動に最後の最後まで読者としても真意が読み解けず、話の流れに一喜一憂させられる青春ストーリーでした。
作者の書きたかった物語を完結という節目まで形にすることができ、読み手としても最後まで読むことができて本当に素晴らしい作品だったと思います。
年の差のある恋愛、さらには育ち盛りで大人びた容姿を持つ中学生という特殊な上にさらに特殊な背景を持つヒロインが対象になった青春ラノベなだけに、なかなかに難儀な恋愛をしている感じがありましたね。読後感だけで言うのであれば、もっとドラマチックかつ無難な方向に物語を収束させても良かったのかなとは思うことがあったけれど、これはこれで記憶に残る作品だったと思います。
最後までひなたの行動に翻弄される作品でした。

bookwalker.jp