働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

黒鳶の聖者 2 ~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~

黒鳶の聖者 2 ~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~ (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
シビラと出会い、闇魔法を手にアドリアダンジョンの魔王を撃破したラセル。エミーとの和解も果たし、三人は次の魔王を討伐すべく海の街セイリスへと向かった。潮の香り漂う街を堪能した三人は、気持ちも新たにダンジョンへ。【聖騎士】のエミーが加わり、順調かと思われた攻略だったが、三人の前に姿を現したセイリスの魔王は想像を超える狡猾さでラセル達を翻弄し……? そんな中、隣で戦うエミーの真意を知ったラセルは、自身の力をエミーに与え――
「今度は俺が、お前を……お前自身の心から救ってみせるからな」
かつて追放された青年が有り余る魔力で最強に至る英雄譚、第二幕!

パーティーに不要だと言われ追放された【聖者】のラセルは【宵闇の魔卿】として新たに闇魔法の力を手に入れ旅を続ける。
かつての仲間、エミーとも無事に和解を果たし、【宵闇の魔卿】ラセル、【聖騎士】エミー、【魔導士】にて【宵闇の女神】シビラのパーティーが結成されました。

闇魔法の持つ絶大な火力と【聖者】としての回復力によってアタッカー&ヒーラーを兼ね備え、さらに無尽蔵の魔力によって途絶えることのない魔法を行使することでパーティーにとって替えの効かない人材として立ち回ってました。まだまだ発展途上の【宵闇の魔卿】が秘める力がダンジョンを徘徊する強力なモンスターを相手にするごとにレベルを上げていき、この先に待ち受けるであろう強敵にどんな活躍を見せてくれるのか楽しみにさせてくれるファンタジーバトルが繰り広げられていました。

ラセルがダンジョンで魔王を相手に戦いを繰り広げている一方、エミーが抜けた勇者パーティーに新たに加わることとなったケイティの存在が醸し出す不穏な雰囲気。
エミーやジャネットが感じ取った危機感の正体。勇者パーティーを水面下で襲う危機が、ラセルの冒険とどのような形で交錯することになるのか。
この先に待ち受ける展開が気になるファンタジー作品です。

bookwalker.jp