働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
夏祭りにいったり、映画を観たり、と甘い時間を重ねているうちに少しずつ心の距離が縮まっていく由弦と愛理沙。
いつものように由弦の家で愛理沙の手料理を食べたり、ゲームをして過ごしていると、突然雷が落ち停電する事態に。すると、幼少期のトラウマを思い出した愛理沙が「今日は……帰りたくないです」と、半ば強引に由弦の家に泊まることを決める。
初めてのお泊りに緊張する中、由弦が別々の部屋で寝ようと準備していると、頬を赤らめた愛理沙から「同じ部屋で一緒に寝てくれませんか……?」と頼まれて……!?
嘘の婚約から始まる焦れ焦れ甘々ラブコメディ、第二幕です

“政略結婚”。家の都合により交際0日の婚約からスタートした由弦と愛理沙の関係。これまで全く接点の無かった二人だけど、それっぽくデートを重ねていくうちいつしか一緒に過ごすのがあたりまえとなり、お互いがかけがえのない存在へとなり、本当の好意へと移り変わっていく。
愛理沙の手料理をべた褒めする由弦の惚気話がきっかけで、由弦の家族へ料理を振る舞う機会にも恵まれ、家族ぐるみで団欒する光景まで描かれる。愛理沙の実家での立ち位置やこれまでの境遇を比較対象にすると、由弦との出会いがきっかけで幸せに満ち溢れている姿が最高に際立っていてとても心温まるラブコメ作品でした。

しかし、政略結婚で繋がりが生まれた関係なだけにそこには由弦と愛理沙の間には力の優劣があり、由弦が願えば愛理沙は従わざるを得ない立場にある。
由弦は「自分が告白を願えば愛理沙は断れることができない」ことを自覚しているだけに、抱き始めた恋心を権力で捻じ曲げたくないと思う。
純粋な恋心で距離が縮まった二人だけど、大人たちの“政略結婚”という大前提が最大の弊害となって両想いの二人の関係を複雑化させているところに焦れったさを感じてしまうラブコメでした。



bookwalker.jp

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について(角川スニーカー文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER