働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

とってもカワイイ私と付き合ってよ!3

とってもカワイイ私と付き合ってよ!3 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ふとしたきっかけから偽物カップルになった陰キャオタクの和泉大和とリア充ナルシストの七峰結朱。その関係は文化祭でお互いの想いの一端に触れ少しずつ変わり始めていた。
クリスマスが近づき、大和がデートスポットとして何気なく選んだイベントは、実は片想いの相手を誘って告白するためのもので――。それを知る結朱は予想外の提案に戸惑いながらも、その胸はどこか抑えられない高鳴りを感じていて……。
「ほ、本気なの? それなら私も覚悟決めないと……!」
恋人たちの聖夜に、偽物の関係と本物の感情に揺れる2人は何を思うのか――。ナルかわ青春ラブコメ第3弾!

ーー偽物カップルだった二人の気持ちが、いつしか本物に変わり始めていく。
恋人たちにとってのシーズンイベントのひとつであるクリスマス。抑えきれない本物の感情に直面したとき、揺れ動く胸中に偽物を言い訳にしていた二人が秘めていた想いが解き放たれる。
今でこそ“偽物カップル”の青春ラブコメは今では王道路線になりつつあると思っています。そのなかでも二人のなかの『偽物を演じている今の距離感に居心地の良さを覚えながらもこの関係を壊したくない』という感情が無意識に漏れ出ている姿が凄く切なくて、場面が進むほどに身が引き裂かれる思いで読んでました。
たとえきっかけが偽物の関係であったとしても、一緒に買い物に出かけるひと時を大切に感じたり、相手から貰ったプレゼントにときめいてしまったり……
(偽物)カップルになってから惹かれあったがゆえに、一筋縄にいかない二人の複雑な関係ともどかしさが感じられる作品でした。



bookwalker.jp

とってもカワイイ私と付き合ってよ!(角川スニーカー文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER



https://sneakerbunko.jp/series/tokkawa/youtu.be

とってもカワイイ私と付き合ってよ! | シリーズ紹介 | スニーカー文庫(ザ・スニーカーWEB)