働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

絶対無敵の解錠士

絶対無敵の解錠士 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
パーティー仲間にモンスターの囮に使われた冒険者見習いのフォルト。モンスターから逃げるため崖から飛び降りたフォルトは、薄れゆく意識の中で王宮解錠士クラスの女神の鍵を手に入れ、さらに神クラス装備である三種の神器も入手する。
その後、イルナに出会ったフォルトは彼女が所属する《霧の旅団》に加入し、共に草原のダンジョン――グリーン・ガーデン、灼熱のダンジョン――バーニング・バレーで着実に冒険者レベルを上げていく。そんな中、街の地下で違法に栽培され巨大化した聖樹の討伐依頼を受けることになるのだが……。
新米冒険者の成り上がりファンタジー冒険譚、開幕!!

絶対無敵の解錠士 | シリーズ紹介 | スニーカー文庫(ザ・スニーカーWEB)


幼なじみの女の子と一緒に所属していたパーティーから主人公であるフォルトだけが罠にハメられて追放される。あえてカテゴライズをするなら『パーティー追放者』。
その後、パーティーを追放されたのち、偶然手に入れた“女神の鍵”の不思議な力により、ダンジョンに点在する高い解錠スキルを要求される宝箱も易々と開けることが可能となる。チート級のアイテムにより、パーティーを追放された弱小冒険者のフォルトが成り上がっていくファンタジーといった作品でした。

おそらくジャンルとしても内容としてもよくあるファンタジー世界+パーティー追放者で、良い意味で言えば王道のストーリー、悪く言えばテンプレ展開の二番煎じ。
書籍化までに『カクヨムコンテスト特別賞』を受賞を挟んだのであれば、読み切ったときの面白さのボーダーラインは越えているものの、ちょっと没個性気味に感じてしまう作品でした。

それと、主人公を追放した諸悪の根源である元パーティーメンバーはどこへ行きましたか?
幼馴染みヒロインも前のパーティーを抜け出して主人公を追って旅に出たので「すぐに再会をするのかな?」と思ったけど、まさか巻を跨いで引っ張るネタだとは思わなかったです。
正直、面白い作品だと思いましたけれど、続きを読むかといえば優先度が下がりそうな感じがあります。ごめんなさい、自分にはあわなかったです。

bookwalker.jp