働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

城なし城主の英雄譚2 彼女の愛が止まらない!

城なし城主の英雄譚2 彼女の愛が止まらない! (GA文庫)

《あらすじ》
「レオンくんの希望、守りと仕掛けの対処が得意で……えっちな女の子だったわよね? 雇ってくれる」?
中型古城に挑み人員の不足を感じたレオンは、一人の傭兵少女を雇う。
彼女――アリスティアは、危うい言動と、露出高めな真紅の衣装で誘惑を振りまく竜人の女の子。
しかしその実力は本物で、レオンとすぐに完璧な連携をとりはじめる。
心強い彼女の加入に、中型古城の攻略も目前と息巻くレオンだが――。
「アタシねぇ、彼女が欲しがってるモノを奪うの、大好きなのよ」
実はアリスティアは、とある少女への歪んだ執着から、レオンに接触してきており……!?
剣と魔法の英雄譚第二弾!

ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと城主になってクランの設立を目指す少年・レオンの物語。
ファイアーボールが味方に直撃してしまう致命的な欠陥を抱えたポンコツヒロインのリシアを上手く取り扱うことに成功し、初の古城攻略に成功した矢先に何故か古城が崩壊してしまう悲劇に見舞われたところで終わったのが第1巻の内容だったと思います。
レオンの身に宿る不思議な力の正体。有名クランを率いる獣人王との戦いでも垣間見えた力の片鱗にはまだまだ謎が多く、2巻で挑むことになった中型古城ではさらに活躍する場面があったものの真相はまだ明らかにならず。
それでも、「レオンの中にある力」について随所で言及がされたことでこれまで謎に包まれていた部分の全貌が徐々に明らかになりつつあるので、ますます今後の展開が気になってきました。

古城の攻略には数々の魔導兵器の猛攻を掻い潜り、随所で待ち受ける敵との戦闘が繰り広げられていましたが、レオンの剣技は格上の強敵を相手に冷静に弱点を模索して着々と戦果を挙げていくスタイルは純粋に読んでいて面白かったです。戦いのなかで得られる情報や戦局をもとに常に戦況が移り変わる様子に臨場感があって、一進一退の展開に引き込まれました。
そして、1巻では取り扱いの難しかったリシアも2巻では貴重で頼りがいのある戦力として滅茶苦茶活躍していました。もうノーコン魔導士とは呼ばせない!!

レオンをめぐるヒロイン間の恋の駆け引きはリシア、オリヴィアのどっちもキャラクターとしての魅力で優劣がつけがたい。レオンの最初のクランメンバー候補のリシアが一番距離感が近くてずっと一緒にいる感じが強いので筆頭に上がりそうだけれど、レオンを水面下で攻防が繰り広げられている恋愛のステージに上げていないから感情的にはリシアとオリヴィアに対してフラットな感じがある。
『私服のリシアとお出かけイベント』で全力でおめかしをするリシアが最高に可愛かったので個人的にはややリシアが優勢かな。まあ2巻のクライマックスでは新たな恋敵が参戦する不穏な発言がありましたが、さてさてどうなることやら。

GA文庫の受賞作品のなかで今お気に入りの作品なので興味のある人は是非読んでみてください。

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― (GA文庫)

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― (GA文庫)

  • 作者:筑紫一明
  • 発売日: 2020/01/11
  • メディア: 文庫