働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3 (GA文庫)

《あらすじ》
「皆さん周くんと仲良くしてるのに、私だけのけ者みたいです」二年に進級し、同じクラスになった真昼と周。徐々に学校でも距離を近づけようとする真昼とは裏腹に、周は“天使様”への遠慮からなかなか踏み込めずにいる。千歳らの気さくな振る舞いをきっかけに、クラスメイトたちとの間の壁も少しずつなくなりつつある真昼の姿を眺めながら、周は治りかけの古傷をそっと思い返していた…。WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第三弾。世話好きな隣人にいつしか心溶かされる焦れ焦れ甘々ラブストーリー。 --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

二年生への進級、クラス替えにより真昼と周が同じクラスに。
自宅ではこれまで同様の距離感で接し続けるも、クラスメイトの視線があるところではあえて距離を置く生活を送る。プライベートでは親身になって料理を振る舞い、疲れて休むときは膝枕で癒しを与えてくれるまでの甘々ラブラブな二人がクラスメイトの奇異の視線を避けるために関係を隠す二重生活を送るような展開がとにかく尊くて癖になりそうです。

真昼と周の関係を安易にまとめると“恋人同士”少し飛躍させれば“夫婦”ぐらいに見られるけれど、そこを安易に固めてしまうと二人の間にだけ漂う空気感が壊れてしまいそうな雰囲気があり、『ただ、これだけ仲の良い男女がひとつ屋根の下で半同棲生活を送っている』くらいの関係性にとても温かみが感じられる。
二人にはいつまでも仲睦まじく平穏な日々を送りつつ、ときには優太や千歳たちと交流をするなかで様々な刺激を受ける日常を彩ってもらいたいと思います。

しかし、二人が連れたって外出をすれば、容姿の整った真昼は人目に付き、クラスメイトからの目撃情報が寄せられ、真昼と周の日常を変えていくことになる。容赦なくやってくるクラスメイトからの興味の眼差し。
この先、真昼と周の関係がどのようなものに移ろいゆくのかとても気になります。

イラストレーターは“はねこと”さんに代わってからも、シリーズ開始当初とキャラクターの雰囲気もほとんど変わらずに溶け込んでいて、はねことさんタッチのキャラクターの良さが最高に出ていて素晴らしかったです。
これからもドンドンと素晴らしい挿絵で楽しませてほしいです。

bookwalker.jp

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」シリーズ(GA文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER