働きたくない村人のラノベ日記

ラノベの感想ブログ。開設2014年5月30日

冴えない僕が君の部屋でシている事をクラスメイトは誰も知らない2

《あらすじ》
クラスのトラブルが解決したことにより、遠山佑希に想いを募らせるクラスの人気者・上原麻里花は一緒に通学したりお弁当を手作りしたりと佑希に熱烈なアプローチをかける! 一方で『セフレ』の柚実はそんな2人を見て、佑希との身体の関係に執着し、徐々に歯止めが効かなくなってしまい――!?  柚実の様子が変わり、姉・伶奈は、佑希そして麻里花にまでちょっかいをかけてくる。3人の微妙に緊張した関係は、さらにかき乱され……。恋につき進む人気者と暴走するセフレ、2人の間で揺れて迷う佑希。それぞれの気持ちが少しだけ前進する、ちょっぴり生々しい青春ラブコメ第2巻!

『セフレ』という身体関係で繋ぎとめていた主人公・遠山佑希と高井柚実の関係性。
一方で、クラスで人気者の上原麻里花は一緒に通学したり積極的なアプローチにより身体関係によらず遠山の心を繋ぎとめ始めたことにより、同じクラスでそのやり取りを目撃する高井の胸中にこれまで抱くことのなかった感情を引き出し、遠山、高井、上原の三人の間の青春ラブコメがさらに白熱してきてとても面白かったです。
本来であれば好意を持つ男女が段階を踏んで身体関係をもつところを『セフレ』という形式から入ったがゆえに、感情より先に身体が先に来て恋愛感情への結びつきが弱かったことがより面倒くさい青春ラブコメに陥っているところが曲者。そう考えるとセフレ=フレンドでまだ恋人ではない。友達以上恋人未満なところは高井と上原のスタートラインは同じにも感じますね。

性的な描写をラブコメにどのように落とし込んでいくか。方法はいろいろあると思いますけど、これはこれでおもしろい方向に青春ラブコメを盛り上げてくれているのですごく好奇心を掻き立てられる作品でした。
続きが出るのであればぜひとも読みたいです。

bookwalker.jp