働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺のプロデュースしたエルフアイドルが可愛すぎて異世界が救われるレベル

俺のプロデュースしたエルフアイドルが可愛すぎて異世界が救われるレベル (電撃文庫)

《あらすじ》
勇者として異世界召喚されたアイドルオタクの青年・荒宜翔人。彼は自分を召還したエルフのフィーリーフに魅了され、思わずアイドルになってくれと逆に頼み込む。アイドルとは何のことだかわからず戸惑うフィーリーフ。ただ、儀式の歌と舞を得意とし、さらには純真な心と天性の可愛さをもつ彼女は究極の逸材だった!?「フィーリーフなら世界の魔物を全てアイドルオタクにできるよ!」「は、はいぇ!?い、言い過ぎですよ」天性の可愛さ×オタクのプロデュースで異世界を平和へと導く、最強アイドルファンタジーの幕が開く!

世界を救うのは剣でも魔法でもなくアイドルの歌だった!!
異世界に召喚されたアイドルオタクの主人公のプロデュースによってエルフのフィーリーフが儀式の歌と舞を武器にアイドルとして魔物に立ち向かい異世界を平和に導くまでの物語。
『可愛いは正義、正義は可愛い』。フィーリーフの純粋な心のこもった歌声が世界を破滅へといざなう魔物たちの乱れた心を解き放っていく姿はまさにアイドル。敵意を持った存在に身一つで歌声を武器に挑む姿には無謀で危険がいっぱいだけれど、旅を続けていくうちに仲間となったキャラクターたちがフィーリーフを中心にして世界を相手に戦う展開が、勇者 VS 魔王の戦力図をしっかりと描かれていて異色のアイドル×冒険ファンタジーの面白さがありました。
ドルオタの主人公もフィーリーフの魅力を引き立てるために陰ながら努力をしたり、異世界に召喚された恩恵で微力ながら支えていたり、たぶんアイドルオタクとしてのこだわりを貫いただけだと思うけど結果的に世界を平和に導く一因になったので終わり良ければすべてよしみたいな感じでしたかね。
次なる魔王の刺客を相手にどんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。

bookwalker.jp