働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

会話もしない連れ子の妹が、長年一緒にバカやってきたネトゲのフレだった

会話もしない連れ子の妹が、長年一緒にバカやってきたネトゲのフレだった (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

《あらすじ》
ゲームが大好きな高校2年生の倉井昴。5年前に父親が再婚し、同じ高校に通う同い年の義妹・平折と一緒に暮らしている。生活に不満はないものの、大人しい平折との間には壁があり、いまだに打ち解けられずにいた。そんなある日、ネトゲで仲が良くなった大親友と初めて会うことになった昴だけど……「嘘、だろ」――なんと待ち合わせに現れた超絶美少女が平折だった! 普段から地味な平折とのギャップと、まさかの親友の正体に驚きを隠せない。画面越しでは何でも話せる仲のはずなのに、対面するとギクシャクしてしまい……。美少女と一つ屋根の下、青春真っ盛りの男子高校生がおくる、ほのぼのラブコメ!

学校では昴と義理の妹であることを知られることなく過ごしているおとなしい性格で引っ込み思案の平折だが、ネトゲの世界では長年親友として付き合ってきたときのノリで絡んでくるそのギャップの激しさ。リアルとネットの二つの世界で平折の正体を知られたあともその関係は継続していくけれど、ひとつ壁を隔てた先にいる義理の兄との会話はぎこちないが画面越しにネトゲの世界を通したときだけ何でも話せる。『ネットの世界だけの自分』を作り上げたことにより生まれた人とのつながりもしくはコミュニケーションのようなものが描かれていて、なんとも言えないほのぼのとしたラブコメ作品でした。

昴と平折がプレイしているゲームにひょんなことがきっかけで一緒にプレイすることとなった学園内のアイドル的な存在である凛も平折とは違った苦悩が学校生活であったけれど、リアルの世界での自分というフィルターを通さずにネットの世界に第二の自分というものを作り上げてゲームを満喫している光景があり、それぞれが異なる悩みを抱えながらもゲームの世界を楽しんでいる姿が細かく丁寧に描かれていてとても個性的な作品だったと思います。


bookwalker.jp