働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「す、好き? 好きって、え? 違うのよ。ちがうぅぅぅ~!」
「なぁ~にが『支える』だよ。あ゛ぁ~俺マジでキモイ痛い!」
 黄昏時の校庭での密事。
互いに煩悶するアーリャと政近であったが、二人はコンビを組んで会長選を戦い抜くことを約束する。
圧倒的なカリスマを誇る次期会長候補筆頭・周防有希との対決に向け、アーリャと政近は対策会議をはじめるのだが――
「さて・・・・・・じゃあ、会長選の話だが」「・・・・・・Круто」(ぬぐぅっ!)
ロシア語の甘い囁きにドキマギしてしまって!? 
罵倒してきたかと思えばデレてくる、美少女ロシアンJKとのニヤニヤ必至な青春ラブコメディ第2弾!

惚れた男を意識し始めると胸のドキドキが抑えられない!!
アーリャの中に芽生えた政近に対する感情の正体に必死に気が付かないようにして身悶えしながらあたふたする姿にニヤニヤが止まりませんです!!
それに、アーリャの好感度パラメーターが高まるイベントを通過していくたびに日に日に【ボソッとロシア語でデレる】ときの本音ワードチョイスも破壊力を増してきて、こんなん耳元でボソッと呟かれたら惚れちゃいますよ。
今回は生徒会選挙前に突如として挑まれた討論会。対決するのは中等部時代に有希と生徒会長の座を争った現風紀委員の谷山沙也加と現生徒会・会計のアーリャ。生徒会長選挙に向けた前哨戦の意味もこもった二人の弁論勝負。勝敗を分けるのは聴衆となる全生徒たち。二人はそれぞれパートナーと共に戦いの舞台に舌戦を繰り広げることに。このシーンに関してはこれまでの甘ったるいラブコメとは打って変わって真剣に、お互いの生徒会への進退を賭けたガチバトルが行われていました。
資産家の御子息、御息女が通う高校なだけあって、“ただの討論会”で済むようなちゃちなものにおさまらず、お互いに手札のカードを切りながら相手のウィークポイントを攻めるような策謀が張り巡らされた戦い方をしていてとっても読み応えのある展開でした。
あの討論会のシーンは読んでいて2巻で一番に盛り上がるシーンだったかと思います。



bookwalker.jp

燦々SUN(ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER