働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王使いの最強支配 1

魔王使いの最強支配 1 (HJ文庫)

《あらすじ》
魔王を従わせる力を手にした少年、最強ジョブ『魔王使い』で無双する!!
魔物使いの冒険者・ルインは無能として勇者パーティーを追放された。司令塔という陰の功績を知られることもなく……。
しかし、封印された七魔王の一人、死の魔王・サシャを見つけた瞬間、彼は魔王を従える力をもつ魔王使いに覚醒!! さらに封印を解くと同時に、魔王・サシャをテイムしてしまい――
サシャを仲間とし、魔王の力を引き出すことに成功したルインは、人と魔族の争いの原因である全ての魔王を従えようと動き出す。
魔王を統べる少年による、圧倒的無双ファンタジー、開幕!!

勇者パーティーのメンバーでありながら無能のそしりを受けるルインでしたけれど、「ルインが抜けてから依頼が全然こなせない!!」「あいつは戦いのなかで的確な指示を出していたから……」
有能な人間を無能な人間が首にして会社が回らなくなるという現代社会を示唆しているような展開がファンタジー作品で繰り広げられていて、骨身にしみました。
ルインの価値は勇者パーティーに居た時よりも抜けたときになって、彼が縁の下の力持ち的な役回りとなってパーティーを支えていた事実が明らかになる。
自分は物語初手にパーティー追放されるタイプの作品を読んだ経験はあまりないですけれど、最近はタイトルにその手の文言で示されている作品もちょくちょく目にします。
「あー、これがいわゆる追放ものなのかな……」といった感想でした。

パーティーを追放され、死の魔王・サシャとの邂逅を機に“魔王使い”の力を覚醒させたルインは、魔族と人の共存を目指すため全ての魔王を従えるため旅に出る。
スキルの力でルインとサシャの間に主従関係が構築されているけれど、その実態はスキルの力を抜きにした何とも楽し気なやり取りが繰り広げられていて、これまで『魔族は敵!!』という価値観の根底から覆す日常風景が描かれていて、ちょっとだけサシャを交えたキャラクター間でラブコメってたのも良かったですね。
「全ての魔王を従え、人と魔族の争いを無くす」方向に向かっていくと思うけれど、各地に点在する魔王との邂逅の旅路が困難を極めるのは確実。2巻ではどのような形で物語の風呂敷を広げていくのか楽しみです。

bookwalker.jp

空埜一樹(ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER