働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は‐‐?

妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は‐‐? (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
糸原斗真は恋愛に興味がない。線引きをした人間関係が心地良く、それはそれで充実しているのは間違いなかった。「――お兄さん、帰っていないのなら、一緒に帰りましょう」
だけど最近、少し変化が訪れた。間宮凛。妹の親友で、よく家に遊びに来る娘……最初はそれだけの関係だったのに、同じ学校に通うようになって、一緒に帰って、当たり前のように休みの日に遊ぶようになって、みるみる関係が深まっていく。それでもあくまで“異性の友達”として接する斗真だったが、その一方で凛はこの関係に対して思うところがあるようで……?
男女の友情に"その次”はありますか――?

妹の親友でよく家にくる女の子として出会い、たびたび話をしていくうちに少しずつ仲良くなった。
高校の進学先は斗真と同じところを選び、“妹の親友”が“先輩と後輩”の関係に変わるが呼び方は依然と変わらずに「お兄さん」のまま。

斗真と凛の付き合いも長くなるにつれて、“妹の親友”で“先輩と後輩”だけど“異性の友達”の関係に変わりつつあるなか、学校以外のプライベートな時間でも交友を持つまでに仲が深まっていくけれど、“妹の兄”としての肩書きと「お兄さん」という呼び方が絶妙に作用して、思春期の男女が肩をならべて仲良くしているときに醸し出す恋愛感を打ち消してくれて、物凄く不思議な感覚になる青春ラブコメ作品でしたね。

二人ともまだ純粋にお互いの存在を1人の人間として見れていない感じ、ふとした瞬間に抱く感情の正体を掴みかねている感じ、そして最も心をざわつかせるのが斗真と恋愛感情を抜きに仲良くしているという結花の存在。
凛が斗真と同じ高校に進学したことで妹を介さずに交友を続けられるようになった一方で、斗真のクラスメイトにあたる女性の存在を認識したことで平穏だと思われた青春ラブコメに新たな刺激を生み出していて、今後の展開がとても楽しみ思えてくる作品でした。

『妹の親友? もう俺の女友達? なら、その次は‐‐?』。タイトルにもあるとおり、その次はどんな関係になるんですかね。とても気になります。




bookwalker.jp

エパンテリアス(ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER