働きたくない村人のラノベ日記

ラノベの感想ブログ。開設2014年5月30日

最低ランクの冒険者、勇者少女を育てる 6 ~俺って数合わせのおっさんじゃなかったか?~

【電子版限定特典付き】最低ランクの冒険者、勇者少女を育てる 6 ~俺って数合わせのおっさんじゃなかったか?~ (HJ文庫)
教導官となった伊上の教えを受けてきた宮野たちがダンジョンやイレギュラーに遭遇したことによる実戦を経て、経験と実力を着実に身に付けていき、ランクによる絶対的な実力差の隔たりがある相手にしても偶然の勝利を手繰り寄せる戦い方をできる。汚くて泥臭い、使えるものはなんでも使う。
力で真正面から衝突せずに死角から確実な一撃を与える。そんな、冒険者に身を置くキャラクターたちの考えと自らの力の使い方がとても丁寧に書かれている作品で、一挙手一投足まで楽しめるバトルや戦局が繰り広げられていて、読み応えは抜群でした。

シリーズ第6巻でしたけれど、伊上たちの関係も出会った当初に比べたら和やかなものになっていて、時たまおじさん×女子高生のラブコメチックな絡みに発展する箸休め的なキャラクター劇もあり、いろいろと楽しめる要素が増えて着るので全体を通しても飽きることなく楽しむことができました。

個人的にもHJ文庫の作品のなかでお気に入りのシリーズ作品なのでこの先もドンドンと続いてほしい限りです。

bookwalker.jp