働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ファミ通文庫

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 3

《あらすじ》 四か月ぶりに帰省したり、桜井さんの提案で佐伯さんと一緒にプールに一緒に行ったりと、僕こと弓月恭嗣と彼女の同居生活は夏休みも順調と言えた。そして、九月。二学期に入った水の森高校では、一か月後に開催される学園祭の準備がさっそくはじ…

語り部は悪魔と本を編む

《あらすじ》 拾い上げ作家(デビュー未確約)の中村雄一は、理想に限りなく近い女性の絵美瑠と出会い、交際することになる。しかしある日、絵美瑠が雄一の新たな担当編集者であることが発覚!!二人は動揺するも雄一のデビューに向けて、恋人としてだけでなく、…

女神の勇者を倒すゲスな方法 3 「ボク、悪い邪神じゃないよ」

“あらすじ” 「女神教の大神殿に攻撃を仕掛ける」真一は宣言した。最強の魔法使い“聖女”まで魔王城の住人となり、人間側の理解者も得られた。今が攻め時と、セレスと共に聖都に乗り込んだ真一は四大枢機卿の一角、聖母卿に狙いを定め攻略を開始する。だが、魔…

詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる

《あらすじ》 大切な想いや言葉が形となった“迷い言”が視える藍川啓人は、数年前の事故で亡くした幼馴染、高森閑香の“迷い言”に出会う。事故の時、助けられず後悔していた啓人は、彼女の本当の想いを知るため“迷い言”の声を聞くことができる“伝え人”、梅ヶ枝…

僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

《あらすじ》 浪人生になってしまった九条篤志。バイト先の珈琲店でおいしい珈琲を淹れることに腐心する日々の中、気がかりが一つあった。それは店の片隅で平日の昼間からランドセルを傍らに珈琲を飲む亜理寿のこと。そんなある日、魔法使いを自称するその少…

覇剣の皇姫アルティーナXII

《あらすじ》 ラトレイユにより謀殺されたと思われていたレジスだったが、帝都に戻り、政治面で暗躍していた。同時にアルティーナが軍を率いて帝都に現れる。緊迫した状況を招きつつ、ついに再会するレジスとアルティーナ―。だが、無事を喜ぶ暇もなく新皇帝…

女神の勇者を倒すゲスな方法 2 「返事がない、ただの聖女のようだ」

《あらすじ》 勇者を撃退した平和な日々のなか、真一は魔族たちと畑作りを進めていた。その時―魔王を狙って放たれた最上級の光魔法『聖光奔流』。城ごと壊滅させる攻撃を放った相手は、新たな勇者“聖女”!さっそく攻略に乗り出すも、神官戦士に囲まれ真一の甘…

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2

《あらすじ》 ゴールデンウィークも明け、僕こと弓月恭嗣と、ひとつ年下の佐伯さんとの同居生活は幸運なことに(一部を除いて)誰にも知られることなく続いていた。学校でも容赦なく距離を詰めてくる佐伯さんと、僕の動向に目を光らせる雀さんへの対応に追われ…

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!2

《あらすじ》 今日も今日とて新妻のように尽くしてくれるかわいい妹、萌々。しかし『モモハ信ジルナ』という不穏なメモが気になり、アキは萌々の愛を受け入れきれないでいた。萌々についての記憶を取り戻そうと真咲に話を聞こうとするアキだが、なんと真咲は…

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?

《あらすじ》 「放課後、また相談してもいいかな?」 「時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?」僕が好意を寄せるクラスメイト、愛原そよぎの“やなみごと”は僕の想像を遙かに超える独特なものだった。本気とも冗談ともつかないその相談に真剣にアドバ…

リンドウにさよならを

《あらすじ》 想いを寄せていた少女、襟仁遙人の代わりに死んでしまったらしい神田幸久。二年後、自由かつ退屈な日々を過ごす地縛霊として目覚めた彼は、クラスでいじめに遭う穂積美咲にだけ存在を気づかれ、友達になることに。一緒に過ごす内に美咲の愛らし…

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

《あらすじ》 女神に祝福されし勇者の天敵は、人類最大の裏切り者!? 「勇者共をどうにかしてくれ!」いきなり剣と魔法の世界に召喚された外山真一に召喚主の“蒼の魔王”は土下座で頼み込んできた。魔王は可愛い娘のために、美味しい食料を求め人間界に来ただけ…

魔術師たちの就職戦線

《あらすじ》 「……死ね」という言葉とともに気を失った進藤雪也は、編入先の“不動台術式高専”の保健室で目を覚ました。紹介されたクラスで彼を攻撃した少女を見つけたユキナリだが、クラスメイトとなった山崎雅明や網代木澪の話から、「この学園は素養のある…

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!

《あらすじ》 目を覚ますとそこには息を呑むような美少女。そして彼女は、「お兄ちゃーんっ!」と俺に抱きついてきた!誰なんだこの子?いや俺は―。どうやら俺こと蓮杖アキは、事故によって記憶を失ってしまい、萌々と名乗るこの少女は俺の妹なのだそうだ。しか…

コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果 2

《あらすじ》 冒険者ギルドでウェンディ、モニカ、ノーンを仲間に入れたヒロト。彼は村を守るために仲間と共にクエストをこなす日々を過ごしていた。そんな中、彼の母レミリアが病で倒れ、医者から長くはもたないと宣告を受けてしまう。彼女を救えるのはミゼ…

偉大なる大元帥の転身3 行きて、帰りし英雄譚 3

《あらすじ》 創立祭が終わり、ついに待ちに待った長期休暇。この機会に自分を召喚した人物に接触しようと意気込むケータに告げられたのは、成績不良者の退校宣告!そんなケータを救うべく付きっきりの特訓を申し出るライラ。一方『白の腕』にスカウトされた…

一條明日菜の地球連合

(ファミ通文庫)" title="一條明日菜の地球連合 (ファミ通文庫)" class="asin"> 《あらすじ》 一條明日菜。黙ってれば可愛いのに生徒会長選で「地球を統一しよう」だの「世界を創り変えよう」だの、凡人学生は引くに決まってる台詞を宣ったイタい女。何故だか…

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係

《あらすじ》 多感に揺らめく十七歳を映し出す、恋愛ストーリー登場。 母と二人で暮らす家で、遠い親戚の女子、和泉里奈と同居することになった坂本健一。里奈の控えめな性格や気遣い、女子校育ちの無防備さは、他人との距離に悩む健一に、初めて思春期の性…

エンデンブルクの花嫁

(ファミ通文庫)" title="エンデンブルクの花嫁 (ファミ通文庫)" class="asin"> 《あらすじ》 「するぞ、結婚!」エンデンブルクの若き国王スレンは宣言した。人魚が制する海の国。エルフが治める森の国。そして強大な帝国。三国に囲まれた小国が繁栄するには…

コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果

《あらすじ》 事故死した森岡弘人だったが、気がつくと目の前には女神と名乗る美女が!!そして突然「私の世界“エターナル・マギア”に招待します」と告げられた。さらに、彼女からボーナスポイントを貰った弘人は、それをスキル『交渉術』に全振りし、上位スキ…

くすぐり闘士の無魔術乱舞

“ゼットー流”―超絶くすぐり技巧によって魔術師の詠唱を妨害し、相手の戦意が喪失するまで情け容赦なくまさぐる―変態と紙一重の指技を使う流派である。ゼットー流使いの少年ソーヤ―“魔力無し”として生まれ、差別を受けてきた彼は、とある理由から魔力を持たな…

異世界スーパーマーケットを経営します ~召喚姫と店長代理~

《あらすじ》 父のスーパーで店長代理として働く勇悟。ある日、居眠りをした彼が眼を覚ますとそこは異世界だった!!突然の事に戸惑っていると、領主だという少女ソレイユが現れ「このシャルール地区復興のために力を貸して欲しい」と求められる。地区再建のた…

偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント

《あらすじ》 「帰っておいでよ、ヴェーレス」合同調査の旅から戻ったケータに、四天王の一人ベスティアリはそう告げた。勝手な言い分に怒りながらも心がざわめくケータ。そんな折、学院は年に一度の創立祭の準備に沸いていた。イベントの華である精霊召喚タ…

覇剣の皇姫アルティーナX

《あらすじ》 舞台はハイブリタニアとランゴバルトの連合軍に占領された城塞都市グレボヴァール。第二皇子ラトレイユに請われたレジスは帝国第一軍の軍師として、都市奪回作戦に参加することに。レジスの作戦により、都市内への潜入に成功したヴァレイズ三等…

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8

《あらすじ》 子供たちに胸を張れるような立派な大人になるため、グリンダを残し、エーレンを去ったシャール。だが何とか大学に合格し、外交官になるべく勉強をはじめたものの、ことあるごとに押しかけてくる聖羅に、振り回される日々を送ることになり―!?十…

偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中

《あらすじ》 平凡な学生だったケータが、異世界ディルスマグナに召喚されて早三年。召喚学院に通う彼には秘密があった。それは、かつて魔王の腹心として名を馳せていたこと!その正体を隠し、強大な魔力を封じて元の世界に戻る方法を探るケータだったが…。ヒ…

最新の魔法遣いとアイを識るもの

第六世代人工知能を搭載したサポートデバイス“エウレカ”を使い、あらゆる物質への干渉を可能とする少女、雫下ミコト。科学の一歩先を行く彼女は“最新の魔法遣い”と呼ばれていた。ある日彼女と助手を務める神代ヒビキが所属する先進技術総合研究所に伊織とい…

覇剣の皇姫アルティーナIX

帝都への招聘に応じたレジスは第二皇子ラトレイユの軍師として、ハイブリタニア軍の追撃戦へと挑む。一方で、レジスの帰りを待つアルティーナは彼の言葉を信じ、戦力を蓄えるのだった。そして、友の遺志を継いだ第三皇子バスティアンもついに祖国ベルガリア…

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。

平凡な高校生の青は、実はラノベ新人賞の下読みのエキスパートだ。そんな彼は、ある日応募原稿の中に、同じクラスの氷ノ宮氷雪の作品を見つける。“氷の淑女”と呼ばれる孤高の少女が、フォント変えや顔文字だらけのラノベを書いて投稿している!?驚く青だが、…

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界2 amorosamente

文化祭、そしてノギハラとの件を経て、少しずつ変わってきた黒崎。本格的にピアノを習いたいと言う彼女を、僕は入谷市で行われるコンサートに誘うことにした。その奏者である青島未華子さんは、黒崎のお母さん、奏さんの教え子であることがわかり、黒崎との…