働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

GA文庫

家に帰るとカノジョが必ずナニかしています

《あらすじ》 孤高を極め、お一人様生活を謳歌する俺の部屋にある日、見知らぬ美少女・朱莉がやってきた。『レンタル家族』として一緒に暮らすため同じ高校に転校してきたらしく、秘密の同居生活がスタートしたのだが。「え?ナニもしていませんよ?」学校では…

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)16

《あらすじ》 オル=ゴールとの死闘を経て、ヴァーミリオン皇国に訪れたひとときの平穏。だが“傀儡王”の悪意は世界にも大きな爪痕を残していた。“人形遣い”での操作を放棄された政府関係者・職員の昏倒は世界規模での混乱を生じ、日本においては“特例招集”に…

友達の妹が俺にだけウザい

《あらすじ》 馴れ合い無用、彼女不要、友達は真に価値ある1人だけ。青春の一切を「非効率」と切って捨てる俺・大星明照の部屋に入り浸るやつがいる。妹でも友達でもない。ウザさ極まる面倒な後輩。親友の妹、小日向彩羽。 「セーンパイ、デートしよーーっ! …

ゴブリンスレイヤー10

《あらすじ》 春、ゴブリン退治の傍ら、葡萄園の警備をすることになったゴブリンスレイヤーの一党。 その葡萄園は、女神官の育った地母神の神殿のものだった。 そんなある時、女神官が姉のように慕う神殿の葡萄尼僧がゴブリンの娘だという噂が広がる――。 周…

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 8

《あらすじ》 帝国の支配からヤマトを解放した超人高校生たちは、すべての謎が眠るエルフの里へと向かう。果たしてそこで待ちうけていたのは、彼らをこの世界へと呼び寄せた存在との邂逅だった!ついに語られる異世界召喚の理由。超人高校生たちは元いた世界…

ゴブリンスレイヤー9

《あらすじ》 ただの配達。ゴブリンスレイヤーですら、そう思っていた。 牧場の手伝いで配達に出たゴブリンスレイヤーは牛飼娘とともに、ゴブリンの大群に待ち伏せされる。それは、ある祈らぬ者の策謀だった! 一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は、見習聖…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2

《あらすじ》 「ゴブリンか?」「残念ながら、不幸にして、幸いなことに、まさしくその通り!」ゴブリンスレイヤーと呼ばれはじめた青年は、ゴブリンの群を皆殺しにした時に、不思議な灯の輝く指輪を見つける。その鑑定に紹介されたのが街外れに住む偏屈な魔術…

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15

《あらすじ》 「愛しているよ。ステラ」全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた―。寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、しかしまさかの“黒騎士”アイリスの…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?2~たまらなく愛おしく、とにかく尊い~

《あらすじ》 ねぇ、きみは私を喜ばせる天才なの? 男子高校生・桃田薫はちょっぴり年上の彼女・織原さんと交際中。今日はお家でゲームに熱中→明日は遠くの町までドライブデート♪ 12歳差というギャップにも負けず絆を深めていく二人だったが―― 「いやいや、そ…

ゴブリンスレイヤー8

《あらすじ》 辺境の街のギルドにやってきた至高神の大司教―剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼する。街道には、狼に乗ったゴブリンが群れているという。一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれ…

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!7

《あらすじ》 「作戦の最終段階に移ろう。敵を崩壊させ――安土へとなだれ込む!」 エルム共和国に新政権が樹立され、フレアガルド帝国で内乱が勃発する中、ヤマト自治領ではレジスタンスたちの戦いが繰り広げられていた。 要衝・不動砦を奪取したレジスタンス…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~

《あらすじ》 「私とデートしてくれませんか?」 男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。 「……私、本当は、27歳なの」 好きになっ…

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

《あらすじ》 さすが殿下! これが狙いとは!」「どこまでもついて参ります!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」 『(一体どうしてこうなった!?)』 資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。文武に秀で、臣下からの信…

ゴブリンスレイヤー7

《あらすじ》 「結婚することになったみたい」故郷からの報せを受け、そう呟いた妖精弓手。かくして一党は、森人の里に行くこととなった。またその旅には牛飼娘と受付嬢の姿も―。一方、ゴブリン退治のおりに発見された石版をゴブリンスレイヤーから託され、…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

《あらすじ》 姉が姉でなくなってから三日が過ぎた。だから彼は動くことに決めた。ゴブリンの襲撃で、最愛の姉を、村を喪った少年がいた。五年後、辺境の街の冒険者ギルドに訪れた少年は冒険者となる。そして、五年前、帰る村をなくした少女は、かつての幼な…

ミリオタJK妹! 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します

《あらすじ》 ある理由から現実に落胆していた兄妹、宗也とみぐは、突如異世界に召喚される。だが、喚び出された王国は侵略を受けており、攻めてきた竜人族の大軍団が王都を包囲しているようなありさまだった。苦境にも怯まず二人は、助けを求める王女エクレ…

異能バトルは日常系のなかで 13

《あらすじ》 「さあ、始まりの終わりを始めよう」日常と異能が交わり、物語は引き返せない『最終巻』へと突入する。結局どれだけ取り繕おうと、この物語は虚構だった。全ては誰かが書いた欺瞞の積み重ねでしかなく、砂上に描かれた絵のように儚く消えゆくだ…

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!6

《あらすじ》 「きゅっ!? 求愛、ですか!?」 帝国統治下のヤマト自治領に調査のため乗り込んだ司たちは、住民の幸せそうな様子に驚かされる。しかも監査官ジェイドと自治領主マヨイの歓待の最中、リルルと林檎に司への告白チャンス到来!? どこまでも平…

学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇

《あらすじ》 七千人が通い、生徒の自治によって運営される白楊中央学園には華々しい実績の裏に、ある掟が存在した。それは「校則を破らない」こと。一見当然のこのルールは学園の特殊性から、法律のような実効力を持っている。そんな学園において唯一、法条…

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5

《あらすじ》 エルム共和国を成立させ、通貨の発行によってその基盤を確かなものとした超人高校生たち。だが、異世界の人々に国を委譲するための選挙を始めようとした矢先、亡国“ヤマト”の皇女カグヤが現れた。エルムの基本理念『万民平等』をタテに、帝国に…

ゴブリンスレイヤー5

《あらすじ》 ゴブリン退治から消息を絶った令嬢剣士を探して欲しい―剣の乙女の依頼を受けて、北方の雪山に向かうゴブリンスレイヤーたち一行。しかし、襲撃される寒村、謎の礼拝堂、今回のゴブリンの群れに違和感を覚えるゴブリンスイレヤー。「…学習した、…

デーモンロード・ニュービー ~VRMMO世界の生産職魔王~

《あらすじ》 「『アキカ』様は十魔王の一人に選ばれました」 ゲーマーの妹リオに勧められ、次世代VRMMO『ダブルワールド・オーバークロス』をプレイし始めたアキカを待っていたのは、ゲーム内で10人しか選ばれない『魔王』になったというアナウンスだった。…

暴血覚醒《ブライト・ブラッド》

《あらすじ》 「血剣!」「血槍!」「そんな小学生の教科書に載ってる血魔法が通用すると思って?」池田弥彦は、血液を自由自在に操る力“血魔法”を学ぶエリート一貫校、赤百合学園の男子一期生。日本で初めて男にも門戸が開かれたこの女の園に、勇んで入る池田…

落第騎士の英雄譚 12

《あらすじ》 「挑んでくるわ。アタシが知る限り最も強い剣士に―」ルナアイズの宣言によってクレーデルラントとの戦争は、代表戦によって雌雄を決することになった。だが、代表メンバーに選ばれたステラは“魔人”たちとの戦いを通して自分の力不足を痛感して…

りゅうおうのおしごと!5

《あらすじ》 将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻! 「アーロハ―♪」 遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!…

最強喰いのダークヒーロー3

《あらすじ》 学内トーナメントを制し、宣言通り無敗のままで関東大会出場権を得た双士郎たち。来るべき大会を一月後にひかえ「チームアギト」は日夜トレーニングに励む。しかし、学園最悪の問題児である双士郎に平穏な日々は訪れない!学内の人間関係にはじ…

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

《あらすじ》 「僕、都会に行ってみたいんです! 」 村人誰もが反対するなか、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかったのだ。自分たちの村が、高レベル冒険者でも恐れ…

デボネア・リアル・エステート 3 傭兵は勇者となり、地上げ屋たちは浮遊城を堕とす。

《あらすじ》 「なんだかミーのところ最近仕事を取られることが増えてきちゃって~」 【踊る宝石】ことテリー・スタンザがそうぼやいた。 「天下のスタンザ商会を凌いでるってのはどこのどいつなんだよ」 「とらいあんふ? とかいう聞いたことない連中だよ、新…

ゴブリンスレイヤー 4

《あらすじ》 「ゴブリンよりは、よほど危険だ。だが魔神どもとは比べるべくもない」 国王署名入りの依頼「悪魔の塔」の討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む――。 「ね、ぶらぶらしよっか」 ゴブリンスレイヤーのいない休日、牛飼娘は女神…

落第騎士の英雄譚 11

《あらすじ》 「守ってみせるわ。誰一人傷つけさせたりしないんだから!」紆余曲折を経つつもステラの故郷ヴァーミリオン皇国の人々に受け入れられた一輝は、隣国クレーデルラントとの『代表戦』選抜として準備を進めていた。そんな中、クレーデルラント側か…